TEL
MENU

Blog記事一覧 > 福利厚生の記事一覧

経営者の方必見 福利厚生のご案内

2020.02.12 | Category: 福利厚生

こんにちは、あすらく治療院の新井明恵です。

 

 

2020年1月より当院が始めた福利厚生のご案内です。

 

 

福利厚生ですので、これをご覧いただいているのは経営者の方もしくは福利厚生のご担当者の方だと思います。

社員さんの健康管理の一環として

御社には、何人もの働いてくれている社員さんがいます。

 

 

もちろん創業したり運営していくにあたり経営者の方の手腕があっての会社経営です。

 

 

そこには、各社・顧客獲得のための営業マンや、事務員さんのサポート、数々の部署の方の力があってこそ手腕を発揮できるのではないでしょうか。

当院に来られる患者さん

当院にお越しになる患者さんは、経営者の方もいらっしゃいますが、会社員、パートなど会社で働いている方も多くおられます。

 

 

訴えられている症状としては、慢性腰痛や肩こり、首こり、背中の痛み、ふくらはぎのむくみなど様々です。

・労災を使うほどではないけど、、、

・この症状で労災は降りないだろうな、、、

など、会社に迷惑をかけたくない、と感じている会社員の方が多いのは事実です。

 

 

近年IT化が進み、パソコンでの長時間作業が増えたり、ネットワーク関連の複雑化で肉体は疲労困憊している方が多いのです。

慢性化

ご自身のカラダが痛い・動かないとかハッキリわかる症状であれば休むことも可能だと考えておられますが、

 

 

毎日の生活の中で支障が出ない限り【自分のカラダは大丈夫】と思い込んでいる方も多いです。

・肩こりがあるのは当たり前

・腰痛であっても動けるから大丈夫

・夕方になると足がパンパンにむくむけど、歩けるから大丈夫

・生活していかないといけないから休むわけにはいかない

 

疲労に疲労を重ねているため、【カラダがしんどくなっている】ことへの自覚が薄れています。

 

 

気合いでどうにかなっている人もいます。

 

 

しかし、【気合い】【根性】では片付けられないのです。

社員さんの健康をサポート

想像してみてください。

 

 

社員さんが元気でハキハキと仕事をしてくれたら、、、

 

 

会社にとってのメリットは大きいはずです。

 

 

今、当院には2社様の福利厚生での健康サポートをさせていただいております。

 

 

その2社の経営者の声としましては、

  • 社員が元気になっている
  • 社員の意欲が湧いて売上が少し上がってきた
  • ダラダラすることが少なくなった
  • 社員同士の仲が良くなっている
  • 共通の話題ができ、相手を思いやっているのをよく見かけるようになった
  • 笑顔が増えた
  • 社員の家族も見てもらえるから喜んでいる

 

といった声をお寄せいただいています。

私の想い

整体院を開業して今年で6年目を迎えようとしています。

 

様々な方を見させていただきました。

 

会社員さんの例でいくと、

・事務作業でほぼ8時間座りっぱなしで首や肩こりがきつくてしんどい人

・軽い、重いを問わず荷物の上げ下げの仕事をしていて腰と背中を痛めた人

・長時間運転の後のシート掛けの作業で腰を痛めた人

・書類をバッグに詰め込んで歩き回る営業の方

・市販の頭痛薬や痛み止めを忍ばせて仕事をしている人

・長時間立ちっぱなしの販売員の人

・家電など重いものを担いで設置する人

 

書ききれないくらいたくさんの働く人を見てきました。

 

共通して仰ることは、

●会社に迷惑をかけたくない

 

なのです。

 

もちろん生活のために働いていると思いますが、人間ですから感情もあります。

 

「自分の会社のために」と思っている方も多いのです。

 

経営者だけが会社を大事にしているわけではないのです。

 

一生懸命働いてくれている社員さんの健康を今一度考えてみませんか?

 

社員さんを本心から大事にしたいとお考えの経営者の方、お問い合わせください。