TEL
MENU

Blog記事一覧 > 強打の記事一覧

転んで膝を強打し歩くと痛すぎる|骨折ではなかった時の対処法

2018.12.14 | Category: 強打,整体院


先日当院に腰痛治療を受けている患者さんが珍しく小学生の娘さんを連れてやってこられました。
話を聞くと、アスファルトのところで走っていて転び、ひざを強打した。
痛すぎてなかなか歩けなくて病院へ行ったが、『骨折はしていません』と診断されたけど、歩くと響くように痛むのですが、どうしたらいいでしょうか?とのことでした。


あなたも転んでひざを強打し、涙が出そうなくらい痛くてうずくまった経験があるのではないでしょうか?
そんなに日常で頻繁にあることではないかもしれませんが、応急処置として知っておくといいと思います。

骨折やヒビが入ってる診断は誰がするのか?

強打すると、先ほども述べたように涙が出そうになるくらい痛いですよね。
“折れたのかも‼”“ヒビ入ったかもしれへん”と思いますよね。

骨が折れてしまったり、ヒビが入っているかというのは、病院でレントゲンを撮影し医師の診断が一番目に見えてわかると思います。
接骨院や整骨院の先生も様々な検査をして『骨折れているかも?』『いや、これは折れてないはず』などの見立てはします。
診断権がないので確実な確定診断はできませんが、きっちり診てくれる先生は多いです。
※骨折や脱臼の応急処置はしてくれます。

強打した直後はジンジンする


強打した直後はジンジン痛むし、ヒリヒリした痛みを感じたりします。
時間が経つにつれてジンジンは少し残りますが、触らなければなんとか痛みはないような気もします。

場合によっては、打撲したところを押さずになでるだけでも痛みが強いこともあります。
ひざや足を強打すると、打った方の足が地面に着地すると身震いするくらい痛いこともあります。

1日でも早く治すために


自分でやるのと人に触られるのとでは痛みが変わることもあります。
今回の子供さんの場合、お母さんにも触らせないくらい痛かったようですし。

●氷水で30分冷やす

氷のうをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、氷のうがない方は穴が開いていないビニール袋を用意してください。
そこへ氷と水を少し入れます。
ハンカチやタオルなどをケガしたところの近くに広げておきます。
氷水の入った袋を直接ケガしたところにつけます。これで30分間

強打したところは気持ちいい→チクチク痛い→ジンジン痛い→もう何も感じない(あったかく感じることもあります)
強打したところは氷がとける速度がとても速いと思います。
周りがビチャビチャになりますから、タオルでふき取ってあげてください。
※冷やしている部分は真っ赤っかになります。

この【冷やす】ことをしっかりしていると、痛みは早く引いていきます。

あなたがやるべきことは、【冷やす】ということ。
子供だと冷やしている最中に痛みで冷やすことを嫌がる可能性があります。
選択してください。
1.早く痛みが良くなる方がいいのか?
2.痛みが長引いてもいいのか?
それを聞いて決めてください。

治療院ができること


当院に来られたこの小学生の娘さんにしたことは、テーピングです。
これを貼ってあげると、来られたときは痛みがMAX10だったのが、貼った後は2まで減っていました。
歩いたり、ひざを曲げたり伸ばしたり、走ったり、ジャンプしても痛みがほとんどないので、うれしさのあまり泣いていました。
“魔法みたい!”と感動してくれたのですが、この魔法のようなテーピングを貼れるのは治療院によって貼り方や巻き方が違うのでなんとも言えませんが、明石市では当院だけじゃないかと自負しています。

しっかり冷やして早く痛みのない生活に戻りたいものです。