TEL
MENU

Blog記事一覧 > 脊柱管狭窄症の記事一覧

70代脊柱管狭窄症でお尻が痛くてやめていたゴルフ復活劇

2019.09.13 | Category: 根本治療,脊柱管狭窄症

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

以前このブログにも登場してくれたTさん、75歳の男性。

 

1つ目の病院でも、2つ目の病院でも脊柱管狭窄症と診断され、歩行や日常生活に支障が出てきてやって来られました。

 

あれから3ヶ月たつ今日、ゴルフに復活できたと喜んで報告されました。

 

27歳から始めたゴルフ

かれこれ約50年前に仕事の先輩に誘われたゴルフ。

 

先輩や取引先の偉いさん達が上手だったため、早く追いつかないといけないと必死で練習したそうです。

 

50年前は、兵庫県の西の方では4件しかゴルフ場がなかったそうで、しかも

 

紹介者同伴でないと回れなかったり、色々な壁があったそうです。

 

今では、兵庫県の西の方でも10倍くらいゴルフ場ができているそうです。

ゴルフのために早起き

ゴルフを早くやりたいがために、いつも6時起きだったのを4時起きに変えたぐらい、ゴルフへの熱がありました。

 

人に誘われることも、自分からゴルフを誘って楽しく勝負することも面白くて好きだったのです。

 

あれ?足が痛いな・・

腰に激痛があったわけではありません。

 

慢性的に腰は痛いというか、違和感はあったそうですが、

 

「年齢的にこんなもんやろ」

 

って言い聞かせていたそうです。

 

それが、足に違和感を感じながら過ごしていて、

 

あいも変わらずゴルフもやっていた。やれていた。

 

ゴルフ中は痛みを感じずに

プレー中は、足の違和感や痛みはさほど感じなかったそうです。

 

だんだん月日がたつにつれて、プレー中も痛みが気になりだして集中力が切れるようになり、

 

コースを歩いて回ることが苦痛でたまらなくなって、

 

ゴルフに行かなくなりました。

日常歩行にも問題が

ご自宅は、少々坂道のあるところに建っているそうです。

 

この坂道を散歩しようと歩こうにも、足が痛くて、しびれて歩けない。

 

自分の足じゃないような感覚でふわついたような感じだったと振り返られています。

もしかして脳梗塞??

言葉が出にくいとか、ろれつが回らないといったことはなかったそうですが、

 

足のしびれや、自分の足じゃないようなふわついている感じから、

 

「脳からきてるのか??脳梗塞か??」

 

と不安になられたようで、

 

脳外科へ行かれました。

「脳はきれいですよ」

医師からなんて告げられるんだろうとヒヤヒヤしたんだそうです。

 

「脳はきれいですよ、脳梗塞も見られないので大丈夫です」

 

ホッと下のもつかの間、じゃあこの足は一体・・・

脊柱管狭窄症でオペはいやだ

冒頭にも、以前にも書いたように、病院へ行き

 

「脊柱管狭窄症」と診断されましたが、なんとか解決法はないのかと、違う病院へ行き、

 

また「脊柱管狭窄症」と診断され、オペを勧められました。

 

どうしても、カラダにメスは入れたくないと。

 

そして紹介で当院にきたわけです。

週2回の3ヶ月

Tさんはまだ現役でお仕事をされていますから、どうしても来れなかった日はありました。

 

がしかし、ほぼ週2回来てくれました。

 

3ヶ月間。

 

最初は、友人が良くなっているのを見て

 

「紹介して!」といったものの、、、

 

自分だけ例外で良くならなかったらどうしようと不安でいました。

施術が終盤に差し掛かった頃

 

「ゴルフ行けるかなぁ」

 

って聞いてこられました。

 

「いいですよー。勝負せんとどのくらい回復してるか見てきてください」

 

Tさん「え?いいの??嬉しいなぁ、日程見て行ってみるわ」

 

嬉しそうでしたよ。本当に。

本日の報告

どこのコースへ行こうか悩んでいたそうです。

 

あと一緒に行ってくれる人と日程を。

 

たまたま自治会でゴルフに行きましょうと誘われ、行かれました。

18ホール回れたよ

私ゴルフしないのでよく知りませんが、18ホールあるらしいです。

 

それを歩いて回れたと。

 

Tさん「いきなりぶっ飛ばしたらあかんと思ったから、2番と3番でいってん」

 

「そうなんですね、よかったじゃないですか!」

 

Tさん「しびれはちょっとあるけど、痛みがないし、腰が良く回るようになってるからまた来週も行ってくるわ!」

 

何年も大好きなゴルフに行けなかったのに、行くことができた。

 

そして18ホール歩いて回ることができた。

 

そしてゴルフができた。

 

この「できた」が重なって、もっとやりたい!ってなっています。

 

前向きに頑張ってくれたTさんには拍手と感謝を送りたいと思います。

 

 

明石市 69歳脊柱管狭窄症でお尻が痛くて歩けなかった男性

2019.09.04 | Category: 脊柱管狭窄症,腰痛

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

当院に3ヶ月前から来院してくれているKさん、69歳の男性。

 

10年前に「脊柱管狭窄症」と病院で診断され、少し足は痺れたり痛かったりはするもののまだ歩けているから大丈夫と思っていたはずが、、、

 

5年前からどうにも痛すぎて楽しく過ごせいていた日常が手に入らなくなり、どうしたらいいものかと様々な治療を試されてきました。

 

結論からいくと、大好きな囲碁も、趣味から始めた畑も辞めずに今も元気です。

10年前から診断は受けていたが、実感がなかった

10年ちょっと前に腰が痛くなって、お尻が痛いなぁと感じて近くの病院へ行かれました。

 

そこで、「脊柱管狭窄症です」と診断されましたが、

 

その当時は歩くこともできていたし、ちょっと休憩していればなんとなく復活はできたし、旅行にも差し支えなかったので、

 

特に何をするでもなく日々過ごしておられたそうです。

 

それが・・・

 

毎年ご家族で行く旅行に行った時、足が痛すぎてどうにも歩けなくなり、

 

その時は誰にも知られないように冷や汗をかきながらなんとか乗り切ったそうです。

 

しかし、日に日に悪くなる。。

 

みんなと出かけられなくなっていきました。

 

ふくらはぎに走る熱感・冷感・感覚異常

どんどん腰が痛くなっていく時に、特に左のふくらはぎに異常を感じたそうです。

 

触ると特に何も感じませんが、ふくらはぎの中で熱さを感じたそうです。

 

でも奥様に言っても、「別になんもなってないで」と言われ、伝わらなくて辛かったそうです。

 

ふくらはぎの中で、熱さを3ヶ月くらい感じながら過ごしていると、今度は

 

血液が通っていないような冷たい感じに変わっていきました。

 

自分のふくらはぎに起こる異常に恐怖しかなかったとおっしゃられていました。

立っても座っても痛いおしり

ふくらはぎの異常を感じながら、次に出てきたのは、「おしりの痛み」でした。

 

さすっても、立っても座ってても痛くて痛くて、なんでこんなに痛いんだと嘆いたそうです。

 

そこで病院へ駆け込みました。

シップと注射と、オペの宣告と・・・

病院では「脊柱管狭窄症」と改めて診断され、

 

お尻が痛すぎてどうにかしてくれと医師に伝えると、

 

注射を打ってくれたそうですが、打つ針も痛いし、特に痛みの軽減にはつながらずイヤになったそうです。

 

「もうオペしか方法はないですね」

 

簡単に言い放ったように聞こえたKさんは、「オペだけは避けたい」と強く感じていました。

 

オペされた周りのお友達に聞き回ったそうです。

 

  • 良くなったよ
  • オペした半年は調子がよかったけど、やっぱりまた痛くなってきてな・・・
  • あんまりよくわからない

 

こんな意見を聞いて、めちゃくちゃ悩まれたそうです。

接骨院と鍼と整体と、、、

なんとかオペしない方法で乗り切れるものはないかと模索し始めます。

 

あまりにもおしりや足が痛いので、遠方にはいけないということで

 

近くの接骨院で電気治療やマッサージ、ウォーターベッド、温める方法、鍼、整体色々試したそうです。

 

数ヶ月通ったりしたそうですが、イマイチ効果が出ず。。

 

もうオペを本気で考えなあかんのかな・・・と思ってた時!

え??なんであの人スタスタ歩いてんの??

このブログにも何度か登場してくれたNさん。

 

このNさんも脊柱管狭窄症と診断され、オペを嫌がってどうにかしたいと考えていた方です。

 

だんだん腰を90度曲げた状態じゃないと歩けなくなり、さらには杖をついてじゃないとまともに歩けないところまできていました。

 

それをKさんはご近所さんなので、何度も目にしていたそうです。

 

「あー、Nさんもごっつい辛そうやなぁ。俺もあんな風になるんやろうか・・・」

 

そう思っていたそうです。

 

それが、、、

 

会うたびに足元がしっかりしていき、歩く速度も早くなってる、姿勢は起き上がってる、杖はついていない・・・・?!

 

何で???

 

「ついにオペしはったんやろか??」

 

意を決してNさんに聞いたのです。

 

「オペしはったんですか??」

 

Nさん「いや、整体でここまで良くなりましてん。まぁ、足は痺れてますけど痛みが今なくてね、歩きやすいんですわ」

 

だからそのまま、紹介してくれということで、当院に来られたのです。

 

畑辞めなあかんかな??

Kさんは定年退職後、自宅近くに畑を買ったそうで結構楽しく、趣味ではなく本気でやっていたそうです。

 

畑で野菜を栽培していると結構な重労働なことが多いようです。

 

耕耘機も重いし、振動が腰や足に響いてくるので、辛いとおっしゃっていました。

 

「畑辞めなあかんかなぁ?」

 

心配そうに一番初めに聞かれたことを覚えています。

 

「辞めんでいいように頑張りましょね」って私は返しました。

 

施術は痛い

 

私の施術を受けている最中や終わった後は、いつも痛そうでした。

 

15回目を超えた辺りから、カラダに変化を感じるようになりました。

 

あんなに熱かったり、冷たくなったふくらはぎがそんな感覚がなくなった

あんなに痛かったおしりの痛みが半分以下に軽減されてきた

腰の痛みを感じなくなった

休憩はするけど、歩けるようになった

痛みの全くない日ができだした

 

こんな感じで変化していきました。

 

楽しくなってくる

来られた最初は、もう本当にひどかったですね。

 

 

痛いから何をしても嫌がるし、私が変化を感じても、Kさん自体は痛いから変化なんて何も感じてくれませんでしたし。

 

「もう俺は治らんわ」

 

の発言も出る出る。

 

「あーしんど」って私も何度も思いました。

 

しかし、痛みがなくなってくると人って不思議ですね。

 

意欲が勝手に湧いてくるんですよね。

 

そして、何も言ってないのになんか頑張り出すんですよ。嬉しいんですよね。

 

痛みからネガティブ発言もいただきますし、「オニやな」とかたくさんの暴言もいただくこと多いですけど(もう慣れました)

 

良くなってくると、「女神」「天使」「堕天使」とか都合のいいこといっぱい言われますけど、

 

良くなって前向きになってる姿を見るのは本当に楽しいですね。

 

一番忘れて欲しくないのは、

 

「あきらめない」

 

ってことかなって思いますね。

 

70代脊柱管狭窄症でお尻と足が痛くて歩けない人の施術

2019.06.25 | Category: 根本治療,脊柱管狭窄症,腰痛

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

2週間前から通院しているTさん。今年75歳で男性です。

 

腰が痛くて困り果てた時に友人からのご紹介で当院に来られました。

スポーツが大好きだった

Tさんはカラダを動かすことが好きで様々なスポーツをされていたそうです。

 

卓球、野球、テニス、相撲に、、、。

 

今はとても細いのですが、昔はキン肉マンのようなガッチリしたカラダだったそうです。

 

10年前まではゴルフも定期的にやっていたそうです。

 

それが、腰が痛くなって足が痛くなりだして本当はやりたいゴルフができなくなりました。

もう残るはオペしかありませんよ

腰が痛くなって足が痛くて、歩いて5分の距離も辛くて。

 

なんでこんなことになっているんだと思い、病院へ行きました。

 

【脊柱管狭窄症】と診断を受けました。

 

リハビリに通って、温めたり電気をしたりしていました。

 

しかし、痛みが取れずに痛み止めの薬が増えるばかり。

鍼治療、カイロプラクティック、整体を転々と

いろんな方からゴルフの誘いをもらうのに、痛みが出てから断ってばかり。

 

断り続けることが嫌になり、人がいいと言われる鍼や整体などを転々とされたそうなんです。

 

しかし、痛みが良くなることも、カラダに変化が起こることもなかったそうで、違う病院へ行きました。

 

そこでもやはり、

【脊柱管狭窄症】です。と2回目の診断を受けたそうです。

 

そして、

「もうTさん、残るはオペしかありませんよ」

 

そう言われたそうですが、親からもらったカラダに傷を入れたくないとここでも決断はできなかったそうです。

え?なんで歩いてるの??

Tさんの友人のNさん。

 

当院の患者さんですが、このNさん4ヶ月前まで脊柱管狭窄症で腰を曲げていかにも痛そうに杖をついて歩いておられました。

 

いつも痛みに苦悶の顔をしてしかめっ面。

脂汗たっぷりで、辛そうだったはずのNさんが、、、、

 

会えば会うたびに腰が伸びてきている、、、

 

しかめっ面も、脂汗もかいていない、、、

 

歩く速度も速くなってるし、杖がなくなってる、、、

 

「なんで????」

 

すごい不思議だったそうです。

 

そこでNさんに話を聞いて、紹介されたのです。

覚悟を決めてやってきた

このNさんに相当言われたそうです。

 

「Tさん、覚悟しとき、めっちゃ痛いから。しかも痛いって言ってもやめてくれへんし、鬼みたいやと思うはずやで」と。

 

どんな紹介の仕方なんでしょうね笑

 

しかし、本当に覚悟を決めてきたとおっしゃってました。

3回の施術をしてみて

まだまだ治療の段階ですが、Tさんとっても喜んでくれています。

 

カラダが軽いと。

 

そして、あんなにしびれや痛みがあったのに、調子がいい日があることがめちゃくちゃ嬉しいんだと。

痛み止めをやめてみた

病院でいつも大量の痛み止めを処方されていたそうです。

 

しかし、痛みが変化することがなかったのです。Tさんの場合は。

 

だから、飲んでも飲まなくても痛みが変わらないから、痛み止めを服用するのをやめたそうです。

 

今は、私が出している課題をコツコツと頑張ってくれています。

年齢は関係ない

紹介してくれたNさんは57歳。Tさんは75歳。

 

お二人とも、最初は

 

「年やからもう治らんかなぁ」

 

っておっしゃってました。

 

しかし、どんどん回復してきて、元気になってきているのです。

 

そしてさらに、自分のカラダに興味を持つようになってどんどんチャレンジしていこうとされています。

 

だから、年齢は関係ないんです。

 

「やる」って決めるだけで変われるんです。

自分のカラダに興味を持つと変化する

2019.06.22 | Category: 脊柱管狭窄症,腰痛

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

現在通院してくれているUさん。62歳の女性です。

 

数年前から足のシビレと腰の痛みから10分も歩けなくなり、この先のことを考えると怖くなり治療を受けることになりました。

病院嫌いから通院したくない

このUさん、血圧もものすごく高いのです。

 

朝起きた時は最高血圧が180もあるとのことでした。

 

病院へ行くと血圧を下げる薬を飲まないといけなくなるから行きたくないと一点張り。

 

腰が痛くなり、足がしびれて歩きにくくなってから一度病院へ行ったきり行かなくなりました。

 

その病院で診断されたのが

 

「脊柱管狭窄症」でした。

家族旅行や社員旅行にいけなくなる恐怖

脊柱管狭窄症になってから、一番不安なことは

 

家族旅行や社員旅行にいけなくなることです。

 

旅行場所に行けたとしても、歩くとしんどくなるので周囲に迷惑をかけてしまうから行けなくなるんじゃないかと。

お酒とコーヒーが手放せない生活

このUさんは、20歳を超えてから毎晩浴びるようにお酒を飲んでいるそうです。

 

会社でも、会合へ行っても、取引先の方とお話をするにしてもコーヒーばかり。

 

夜はお酒を飲みすぎて、何時に寝ているか記憶にないくらい飲むそうです。

 

それを何十年と積み重ねて来られました。

あちこちの整体通い

あちこちの整体に通っていたそうです。

 

しかし、腰の痛みやシビレが治る気配がなくどうしたものかと悩んでいました。

 

そして友人の勧めで当院へ来られました。

 

期待は全くされていませんでしたけど。

自分のカラダに無関心

腰の痛みや足のシビレはあるものの、普段は自分のカラダには無関心でした。

 

左右で動きを見てみてもあまりわからず。

 

ご自身の日々の生活をどう過ごしているかわからない。

 

晩にお酒を飲むこと以外あまり興味がないのかわからないことだらけでした。

自分のカラダに関心を持って

このUさんに1番最初にお願いしたのが

 

「ご自身のカラダに興味を持ってください」

でした。

 

その課題を伝えてから、ほんのちょっとずつですが興味を持ち始めてくれたため、

 

「歩きやすくなってきた気がします」

「足のむくみがなくなってきました」

「ここに痛みがあったのが減ってきたような感じです」

 

などなど変化が現れてきたのです。

まだ課題はありますが

でもすごい前進しました。

 

ほんのちょっと意識を向けてくれただけで、治療が前進していくのです。

 

治療院側に任せっきりの治療だけでは、やはり難しいことがよくわかりました。

 

あなたも少しご自身のカラダに興味を持ってみませんか?