TEL
MENU

Blog記事一覧 > 四十肩・五十肩の記事一覧

肩の腱板断裂と診断されたが手術を拒否した女性

2019.07.02 | Category: 四十肩・五十肩,根本治療,肩こり,首の痛み

 

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

本日治療にやってこられたNさん82歳女性。

 

右肩の腱板断裂と病院で診断されましたが、

 

 

手術をしたくないとのことで息子さんと来院されました。

知らぬ間に切れていた腱板

 

このNさんは昔から働き者で、今でも畑や田んぼのお手入れをしています。

 

 

見た目も姿勢も少しは曲がっているものの、しゃんとしっかりしていますし、何より元気です。

 

 

そのNさんが畑仕事をしているときに右手を伸ばそうとした時に、急激な痛みに襲われたのがさかのぼること20年前。

 

その頃は、痛みで寝ることも辛かったとお話されていました。

 

寝返りを打てば激痛。

 

じっとしてても痛い。

 

動かしても痛い。

 

どうすればいいんや??

かかりつけの病院へ

 

昔乳がんを患ってから、特に内臓的にも病気という病気は何もしていないけれど、かかりつけの病院があるそうです。

 

診断を受けたのは、

 

【右肩の腱板断裂】だったのです。

 

痛み止めの注射やお薬、シップを提案されたそうですが、全部拒否。

 

「薬漬けになるのが嫌やったんですわ」

「シップはかぶれるからキライでね」

 

 

なんておっしゃってました。

 

オペしよか??

主治医の先生にもう一つ提案されたのは、

 

「ほなオペしよか」

 

 

だったそうですが、オペはもう乳がんで切除したのだけでもうこりごりやということで、これもまた拒否したそうです。

ほな筋トレしかないわ

あれもこれも提案を拒否された先生が出したのは、

 

「リハビリに通って、筋トレしかないわ」

 

ってことだったそうですが、Nさんはこれが一番ありがたかったそうです。

上がりきらない右肩

普段の日常生活で特にめちゃくちゃ困るようなことはなかったそうですが、

 

ふと棚の上のものを取ろうとした時、

 

ちょっと手を伸ばして取ろうとしたリモコン。

 

など、不意に手を伸ばしたりするときに

 

“ピキーン”

 

と痛みが走るそうでこれがNさんのテンションを下げるのでした。

 

なるべく意識して右肩を上げないように、使わないようにしてきたそうです。

不自然な使い方

右肩を使わないようにしようとしても、やはり付いているものですし、元々右利きだそうなので、とても不自然な使い方をしていたようです。

 

「変な使い方しよるな」

 

と息子さんは思っていたそうです。

息子がみるみる元気になっていく姿に

息子さんは、以前にもブログに出てきていますが、脊柱管狭窄症と診断されオペしたくないということで

 

腰を曲げて通われていました。

 

お母様であるNさんも、当初は

 

 

「ちゃんとした大きい病院で診てもらいなぁ」

 

 

って言っていました。

 

それが、だんだん元気になってシャキッと歩く息子さんの姿に驚かれ、

 

「私も診てもらえんやろか?」

 

となったそうです。

肩、首回りの緊張をとっただけで

長年下向いて農作業をされてきましたから、首回りの筋肉はガッチガチでした。

 

右肩が痛いという意識しかなかったので、首が回らないことに気づいておられませんでした。

 

 

右肩は、上記でも述べたように今までなるべく使わないように変な使い方をされていたので

 

肩周りもガッチガチ。

 

今日はこの首回りや肩周りを触っただけですが、

 

右肩の動く範囲が変わり喜んでおられました。

リハビリも定期的に

病院のリハビリも楽しんで行っておられるようで。

 

右肩や首が動くようになって喜ばれていたので、

 

「また明日からリハビリも頑張ってくださいね」

 

って声をかけるととても嬉しそうでした。

 

当院では、病院や他ではやっていない治療をしています。

 

が、

 

なるべく患者さんが行きたいところでリハビリがスムーズにできるようにサポートさせていただいています。

 

40肩の次は腰痛が出てきた40代男性

2019.04.02 | Category: 四十肩・五十肩,根本治療,腰痛

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

当院にお越しいただいているIさん43歳。

 

 

去年の年末くらいから右肩にうずくような違和感があったそうです。

 

 

趣味でサッカーをされているのですが、ぶつかった時に右肩が当たり違和感だったのが痛みに変わりました。

 

 

ぶつかった当日はアイシングをして、痛みがマシになりました。

 

 

しかし、徐々に痛みは増していき、

 

 

夜寝るときは手の位置を考えないといけないし、

 

 

寝返りを打つと痛みで目が覚めるようになってしまったようです。

 

40肩と診断を受ける

病院へ行くと40肩と診断され、薬を処方していただいたそうです。

 

 

薬を使いたくないとIさんは判断しネットで調べまわったそうです。

 

 

週2回トレーニングジムにも通っていましたが、肩が痛いので足まわりばかりトレーニングをしていたそうです。

 

 

そこで当院を紹介してもらいお越しになりました。

 

 

当院に来られたときは、ジンジンして眠れない痛みはもう無くなっていました。

 

 

しかし、腕が挙がらない。

 

 

コインパーキングで駐車券を取るのも一苦労されたそうです。

 

 

今現在も右肩の治療中ですが、少しずつですが肩が動く範囲が広がってきたようで喜んでおられました。

 

昔からあった腰痛が再来

右肩の動かした時の痛みが少しずつ緩やかになってきたと思った時に、

 

 

腰に痛みを感じられたそうです。

 

 

特に重いものを持ったわけでもないのに。。。

 

 

お仕事が座りっぱなしのパソコンでの作業が多いとのことなので、

 

Iさんは40肩になる以前から【腰痛もち】でした。

 

しかし、40肩の痛みがある時には、腰の痛みなど全く感じなかったようですが、

 

 

じーっとしていても出てくるあのイヤな肩の痛みが、少しずつ和らいできた時に

 

 

【治った】と思っていたはずの腰の痛みが出現してきたのです。

腰は治っていなかった

じーっと同じような格好でいることも原因の一つかなと推測します。

 

 

 

3月になり暖かくなったり、寒かったり、朝晩と日中の温度で体感温度がコロコロ変わることで体がついていけていないのではないかと私は感じます。

 

そこだけ施術の間違い

よく患者さんが、『肩だけが痛い』や『腰が痛い』などと訴えておられますが、

 

体は繋がっているので、【そこだけ】を治療するというより、全体をみて治療されることをオススメします。

すぐに痛み止めの薬に頼るな

2019.03.31 | Category: ギックリ腰,初めての方へ,前かがみで痛む腰痛,反り腰の腰痛,四十肩・五十肩,指・手の痛み,根本治療,肘の痛み,股関節の痛み,肩こり,背中の痛み,腰痛のときにする間違い,膝痛,頭痛,首の痛み

こんにちは!

兵庫明石市、女性の腰痛専門整体院のあすらく治療院、新井明恵(あらいあきえ)です。

 

腰が痛いとき、肩が痛くて動けないとき、痛み止のお薬を服用しすぎていませんか?

 

 

痛み止めのお薬を服用する目的を理解していますか?

 

 

安易に考えて服用されている方が多いと感じたのでブログにしてみました。

 

腰痛は痛み止めでは治らない

・腰が痛いとき、シップを貼る

・塗り薬を塗って毎日出勤する

・カバンの中にはいつでも痛み止めの薬を飲めるように常備している

 

たしかに、仕事に行くときに腰が痛いと辛くて動けないですよね。

 

 

しかし、腰が痛くて辛くて動きづらいのが、今のあなたの姿なのです。

 

 

それを仕事を休めない、家事ができないという理由から、痛み止めの薬を服用されるのだと思います。

 

 

痛み止めのお薬は、あくまでも【痛みを止める】ものであり、腰の痛みの原因を治すお薬ではありません。

 

 

痛み止めのお薬が効かないのは○○だから

痛み止めのお薬を飲んでいても、あまり痛みが変わらない

 

 

それは体質かもしれませんが、

 

 

それ以上に

 

 

 

もう痛み止めの薬ではごまかせない身体になった。

 

 

ただそれだけのことです。

 

 

 

それを薬のせいにしてはいけない。

 

 

この薬が効かないからもっと強いお薬をとランクアップさせちゃダメ

 

 

 

腰が痛いのにはワケがある

薬を飲んでも、塗っても、貼っても効果がない

 

強いお薬に変えていく

 

 

これではいつまでたっても良くなりません。

 

 

なぜ

 

 

あなたの腰が痛いと感じるのか?

 

 

そこを治療していかないといつまでも痛み止のお薬のお世話になり続けます。

 

 

 

あなたは

 

 

いつ

 

 

身体と向き合いますか?

【50肩】肩の関節の痛みの治し方|治療院の先生がこっそり教える秘密

2018.11.11 | Category: 四十肩・五十肩


前回、じーっと安静にしていてもジンジンズキズキする五十肩の説明をしました。
今回は、じーっとしている時は痛みがなくなって、【動かすと痛みが出る】五十肩について、どうしていけばいいのか説明していきます。

筋肉とは??

肩の周りにはたくさんの【筋肉】と呼ばれているものがついています。
※筋肉がついているというと、『筋肉ないです』とおっしゃる方が中にいらっしゃいますが、強かれ弱かれ、太っていようが痩せていようが誰もが筋肉と呼ばれるものはついています。

【筋肉】って言葉はよく使うと思いますが、なかなかイメージがわかないようなので、説明しますね。
あなたは、スーパーへ買い物に行かれますか?お肉コーナーに行かれますか?
そこに、牛肉や鶏肉豚肉などが並んでいると思います。あの塊が【筋肉】です。

A5ランクの〇肉と言われると、『口の中でとける』と表現されますが、良いお肉というのは、柔らかいということです。
体の中では、伸びたり縮んだり“ゴム”のようなイメージです。

痛くて安静にしていたから

肩にかぎった話ではありませんが、今日は肩について。
先ほど紹介したように肩にもいろんな筋肉があるんですよ。
肩を上げたり下げたり、はさんだり、、、、いろんな分野で活躍してくれます。

その筋肉は、じーっと安静にして使わないようにしていくと知らない間に固くなっていきます。
硬くなってしまったものを急に動かすと、“イテっ!”となるのです。

ですから、肩回りについている筋肉を柔らかくしていくことが必要になってきます。

しっかり使えなくなっている

安静にしていれば筋肉が硬くなるお話をしました。
それとともに、知らない間に肩の動きが悪くなっているのです。

自分ではしっかり挙げているつもりでも、挙げれていない方ばかりです。
無意識に痛くないように挙げようとするので、挙げてるつもりが、腰を反らしていたりといった代償があります。

しっかり動かせるように運動していく必要があります。

体のゆがみもしっかりとっていく

痛くないように動かしてきた体には、肩回りだけではなく、体のゆがみも生じてきます。
ですので、体のゆがみも取っていくことも必要なのです。

おわりに

50肩といえ、肩ばかりに意識が向きがちですが、体というのは【痛くないような態勢】を自分の意識とは反してやってくれようとします。
動かせるようになったら、今度は頑張って代償してくれた体を元の動作へシフトさせていかないといけません。
そして体が喜ぶことをしていきましょう。

40肩50肩の違い
40代か50代かの違いです!

あれ?肩があがらない五十肩。今すぐできる3つの対処法

2018.11.10 | Category: 四十肩・五十肩


50代を迎えてくると、今まで何ともなかった又は気合でなんとかしてきた体の不調がどうにもならなくて困りますね。
子供たちも成人して今から自分の人生満喫するぞー!っと思った矢先に、肩にジワジワしのびよる痛み。

肩こりとはなんか違う痛み、これって何なのか?!そしてわかったところでどうしたらいいのか?を説明していきます。

これってもしかして五十肩?!

五十肩って名前は聞いたことがあるかもしれません。
なんで五十肩になってしまうのか?
昔、バレーしてスパイクしまくったから?重いものを担ぎすぎた?年齢のせい?不安はつきません。

実は、五十肩がなぜ発生してしまうのか?というのは、原因不明なんです。。。

どんな症状がでてくるのか?


・髪の毛を結ぼうとしたら肩が痛くてあがらない
・エプロンを後ろで結ぼうとしたらくくれなかった
・肩をだらーんと脱力しているとめっちゃ痛い
・ある一定のところまでは挙げれるけど、一定ラインにくると痛くて挙げれない
・仕事して疲れて寝ているのに、ジンジン痛くて寝不足
・無意識に寝返りをうつと激痛すぎて、目が覚めてしまう。寝るのが怖い

こんなことをおっしゃっていることが多いですね。

まずあなたにやってほしい3つの対処法

原因不明ということは、どうしたら良くなる。というのが、ハッキリわかっていないということです。
半年この痛みと付き合う方もいれば、2年もの長い月日お付き合いする方もいるということです。

1、三角巾で7日間はつるして、腕を使わないこと
2、寝るときは冷やしてから寝る
3、仰向けで寝るときは、痛い方の肩の下にクッションをかまして寝る

そんな大げさな!

三角巾でつるして7日間は使わないでください。って言うと、『えー仕事できひんやん。それになんか大げさで恥ずかしい』と。
やるかやらないかは、もちろんあなたが決めることです。
ただね、聞いたならやりなよって思う。


激痛で寝れなくてとこまっている方は、病院で痛み止めを処方していただくことをおすすめしています。
寝不足が続くと、判断力が落ちてかえってあぶないときもあるでしょうから。

安静にしてももう痛くない方へ

じーっとしていても痛みがなくなって、動かしたら痛みが出るあなたには、次のステップです。
それは、また次回説明しますね。